ページ
トップへ

アルポカ  >  読みもの  >  巻くだけで冷え性改善!万能『腹巻き』のススメ

温活

巻くだけで冷え性改善!万能『腹巻き』のススメ

だんだん暖かくなってきましたが、まだまだ朝方や夜は手足が冷えますよね。

特に、手足は体の末端部分にあるため血流が悪くなりやすく冷えやすい部分です。今日ご紹介する温活はそのような手足の冷えの改善はもちろんのこと、他にも色々な効果が期待できるものです。

その名も『腹巻き温活』です。

一見、腹巻きは手足の冷えの改善とは関係のないように見えますが、実は、お腹の冷えは全身の冷えの原因になりうる見過ごせない状態なのです。

とはいえ、お腹を温めるだけで体全体へのメリットが期待できるので、お腹を温めることはとってもお得なんです。
今日は、そのメリットを大きく4つご紹介いたします!

末端冷え性の改善

お腹まわりが冷えると、ここにある大切な内臓の機能を守るため、体が末端の熱を中心部に集めようとして毛細血管が収縮、手足の先から冷えてしまい、全身に冷えを感じるようになります。

だから、反対にお腹まわりをあたためてあげると、全身の血流がよくなり、手足が冷えにくくなるのです。

むくみの解消

腹巻きでお腹を温めることによって、リンパや血液の流れが促進され、むくみ解消に繋がると言われています。

むくみだけでなく、リンパや血液の流れが良くなり巡りやすい体になると、内臓の機能が良くなったり、肌の調子も改するといった効果が期待できます。

便秘や下痢予防

お腹を冷やしてしまうと、胃腸の働きが悪くなり、便秘や下痢を引きおこすという話はよく知られています。特に便秘はダイエットや美容にとっても大敵で、腸に老廃物が停滞した状態が続くと、肌荒れや基礎代謝の低下、むくみなどに繋がる危険性もあります。

腹巻きでお腹を温めれば、深部体温の向上が期待できるので、胃腸のトラブルを改善することができます。
また便秘が改善されると、便秘によるポッコリお腹もスッキリするので、ウエストのサイズダウンにも効果的です。

ダイエット効果

体を温めることで体温が1度上昇すると、基礎代謝が12%アップするという研究結果があります。
基礎代謝とは、私たちの体が生命活動を行う上で必要不可欠となる活動のことで、寝転んでいる状態であっても消費するエネルギーです。

この基礎代謝がアップするとカロリー消費量も必然的にアップすることから、お腹を温めることで冷えを予防できるだけでなく、ダイエット効果も期待できるのです。

まとめ

このように、腹巻きをしてお腹を温めることで、身体にはたくさんのメリットがあることがわかりましたね。
『腹巻き』は、末端冷え性の改善、むくみの解消、便秘や下痢の予防、ダイエットの効果が期待できる万能のアイテムなのです。
最近では色々なデザイン・素材の腹巻きもあるので、あなたにあった腹巻きを使って今日から心も体もぽかぽかにしていきましょう!

温活ブランドアルポカでも、とっておきの腹巻きを販売中。
気になる方はぜひチェックしてみてください!