ページ
トップへ

アルポカ  >  読みもの  >  平熱が35度の人は、どのくらい危険なの?

冷え性

平熱が35度の人は、どのくらい危険なの?

よく風邪をひいてしまったり、体に不調がある人・・・
ひょっとして、平熱が35度台だったりしませんか?

「平熱が低い人」も、「わたしは冷え性だ」と思っている人も知っておいて欲しいのが、体温が0.5度違うだけで、体の変化に大きく影響しているということです。

【体温の違いによる体の変化】

36.5度:健康で、免疫力がしっかりしている状態です。
36.0度:震えることで、体を温めようとします。
35.5度:この状態が続くと 排泄機能が低下したり、自律神経失調症、アレルギー症状がみられます。
35.0度:がん細胞が最も増えやすい。

このように、0.5度の違いで大きく差が出てしまいますが、わかりやすく言うと体温が1度ちがうと免疫力が低下するのです。

免疫力がないということは、風邪も引きやすくなりますし、流行するウイルスに取りつかれてしまったり…と、寝込みに一直線な状態です。

ですが、逆に体温が一度あがると免疫力は5倍くらいアップすると言われています。
体温の高い状態になれば、免疫力もあるし、ホルモンバランスも良いし、ストレスに強く、病気になりにくい体になります。

毎日たのしく暮らすためにも、温活で体を温めるようにしたいですよね。